トップ / 相続に関わる遺言書の効力を弁護士に聞く

相続に詳しい弁護士に遺言書の効力を聞く

次に相続に関わる遺言書が持つ効力について改めて弁護士に聞いてみました。瑕疵のない有効と判定された遺言書には、様々な観点から次のような効力が備わるようによく考えられているそうです。

■遺産相続に関すること
特定の相続人の相続権を消失させることが出来ます。本来であれば相続人になる予定の人ではあるけれど、被相続人への虐待や重大な侮辱、その他の著しい非行などの法定の廃除事由が認められれば可能です。遺産を渡したくない相続人には、全く遺産を残さなくても認められるようです。

相続按分を変更することができます。法定相続の割合は法律で規定されていますが、遺言で任意の相続分を決めることができるのです。例えば長男には世話になったから、大目に遺すことができます。法律で大雑把に財産を分けるのではなく、自分の遺した財産を受け取るにふさわしい相手にたくさん残したい気持ちはわかります。

■内縁の妻と子に関すること
婚姻関係にない相手との子を認知することができます。認知すれば当然相続人として遺産相続対象となります。

■遺言の執行に関すること
残された子が未成年かつ親権者が不在となった場合に、任意の人物を後見人とすることで、子の代わりに財産管理等を委ねる事が出来ます。名義変更ほか事務手続が必要となる場合、担当する人(遺言執行者)を指定出来ます。

その他にも「遺産分割の禁止」で、相続人同士で遺産をめぐるトラブルを回避する為に、一定期間分割そのものを禁止し、お互いに冷静になれるクールダウン期間を設けたり、様々な効力が遺言書には備わっています。

また、相続人の一部には遺言によっても除外できない一定以上の相続分(遺留分)が定められていますが、もしも遺言の内容が遺留分を害する場合には、「遺留分減殺請求」により無効とすることが出来ます。

Copyright © 遺言書や相続に関することは弁護士に相談 All rights reserved