トップ / 相続に関わる遺言書の種類を弁護士に聞く

相続に詳しい弁護士に遺言書の種類を聞く

さっそく気になる遺言書について弁護士にいろいろ相談してみたところ、遺産相続に関わる遺言書の種類には、3種類あるそうなのです。それぞれの遺言書の違いについて確認してみました。

■自筆証書遺言
もっとも一般的な遺言書になります。遺言を遺す本人による自筆で、遺言の全文を記載し、日付と氏名を自筆で書き、捺印すれば完成、という遺言です。

民法で定められている遺言のフォームとしてもう少し詳しく書くと①書面に、②遺言書の作成年月日、遺言者の氏名、遺言の内容を、③自署(パソコンは不可)で記入し、④自身の印鑑(実印以外の印鑑で可)を押印

遺言者が自分で字を書くことができて、印鑑を所持していれば、いつでも都合のよいときに自由に作成が可能です。覚えておかなければいけないことはパソコンでの作成や代筆が認められず、全て自筆で書かなければいけないことです。

■公正証書遺言
公証役場で、遺言者が考案した遺言書原案をもとに公証人に作成してもらう遺言です。遺言書の効力としては自筆証書遺言と全く変わりませんが、効力の確実性という点ではより優れた方式です。全ての作業を終えるのに、およそ2週間から3週間程度を見ておくと良いでしょう。

記載ミスの心配もない最も確実な遺言方法であるといえます。専門家が間に入るため費用が発生することと、証人の2名の立会いが必要になることがデメリットともいえますが、遺言書の真正性が問題となることがなく、あとで遺言書の効力に疑義が生じないという大きなメリットがあります。

■秘密証書遺言
自筆証書遺言と公正証書遺言の中間のような遺言です。遺言者が、①遺言内容(全文が自署である必要はない)に署名、押印し(実印である必要はないが、実印のほうが適切)、②遺言書を封筒に入れて封印に押印したものと同じ印章を押して③公証人にこれを提示して所定の処理をしてもらう、というものです。

Copyright © 遺言書や相続に関することは弁護士に相談 All rights reserved